映画と感想

簡単な映画評です。シネコンで見ようが、DVDで見ようがTVで見ようが、無慈悲に書いていきます(笑)。

5
135046 

「シェーン」
監督・ジョージ・スティーヴンス
主演・アラン・ラッド

 いやぁ、映画史に残る名作です。
 ○のはずが、、、まぁ、古い映画ですからね。

 うちの父親が丁度この「シェーン」のどストライクの世代でして
もうめちゃめちゃうるさいんだわ。アラン・ラッド、アラン・ラッドって。
 「シェーン」マジックにかかっていない私からすると、
その後も、前もアラン・ラッドってそんなに有名な映画に出てないじゃないかと
実際に言ってましたが、、、。 
 アラン・ラッドが出ているだけのB級の戦争映画もよく並んで
ビデオで見せられたなぁ、、、。

 ちょこちょこは見てるんですけど、きっちり見るのはひょっとしたら
はじめてかも、、。
 あの伝説の撃ち合いより奥さんとのダンスシーンとか小さい頃
から覚えているんですけど、、。
 話としては、これめちゃめちゃよくある西部劇のどストライクな話じゃないですか
というか、「シェーン」があってみんなコピーしてるんんでしょう。
 これ1950年代の映画なので、、。
 私の世代からするとあまりにも、話しの枠組みがペイルライダー
ほぼ同じなので、びっくりしましたけど、。
 男の子が女の子に、土地争いのネタがちょっと違ったり、
途中でガンスリンガーが呼び寄せられたりと、あと
奥さんにちゃんと旦那が居るかどうかぐらいで、、。
 まぁこれが、このあと延々に制作される西部劇のスタンダードになったんでしょうね。
  
 単純にどんどんパチパチする西部劇にしてと決定的に動きの要素が少ない
かわりにドラマパートはよく出来ていると思う。
 執拗に嫌がらせをして土地争いから追い出していくところとから。
 だけど、ちょっとお馬鹿な映画を見すぎているせいか、
やっぱり動きが少ないと思う。しかも、
 もうラストの伝説の撃ち合いに行ってしまいますが、
 まさにきれいなクリーン・ファイトで、、、揶揄するのはやめときましょう。
 一応書きますが、0.3秒の勝負。
 ここまで、持っていくために一時間半ぐらい我慢のEpiがあるという、、。
 小さい時見たときは、これ実は不倫の話でとか、、言われてて
この程度で不倫じゃねえじゃんとか思ったけど、
 年取ってみると、このあと旦那がこのあと知ったら荒れそうで怖いし。
 どこらへんでシェーンが我慢するか見てて怖かった。

 ワタシ的、トリビアを一つ、アラン・ラッドJrという息子さんが、
実は、ブレードランナーのPをしています。
 ドキュメント映画 でちょこっと出ていますが、顔そっくりです。

 まぁ、この前に放送されたジョン・スタージェスの
OK牧場の決斗が西部劇の撃ち合いと言いつつ戦争映画みたいな
撃ち合いになったのに対し、このほんとうの意味でのクリーンファイトは
見ていて気持ちよすぎる。
 そして去っていくのも、気持ちよすぎる。
 あれも映画の主役的には余韻も残るしいい感じだけど、リアルだと、
近くに住み込んでしまいそう、周りも保安官にとか行って引き止めると思うし。

 もうちょっと途中で動きの要素があればね、、、、
 満点で噂に違わぬ面白い映画だと思うけど、
 ちょっと静かすぎかな。

 だけど、映画史のプレッシャーに負けて
評価は星5つです。ほんとは4個です。

評価
☆☆☆☆☆。

2
do 

「ダウン・バイ・ロー」
監督・ジム・ジャームッシュ
主演・トム・ウェイツ/ジョン・ルーリー/ロベルト・ベニーニ

 ジム・ジャームッシュも80年代の量産されたスタジオ映画の
なかではほぼ個人映画スタイルで撮られていて、
存在はそれこそ稀有の中の稀有。
「ストレンジャー・ザン・パラダイス」は本当に凄い映画だと思う。
まぁ、個人映画だから低予算のセンスで勝負作品なんだけど、
冒頭の強烈な”I put the spell on you”とともに、長い長いフォローで
あのハンガリーの女の子が現れるシーンのセンスなんて最高の一言。
 またこの女の子がなんて言ってるのかしらないけど、
ど頭に来るって言い続けるとか、
あとは、全編微妙な、なんとも説明し難いセンスで
ダメダメ感で語られていくんだけど、とにかくすごかった。

 で、その次作にあたるのが本作なんだけど、、、、。

 これはちょっと駄目だわ。
 ハンガリー語がベリー二のイタリア語に変わったんだろうけど、
まぁまぁ自虐ネタのダメダメ感は囚人なんだから出てるんだろうけど。
 あの「ストレンジャー・ザン・パラダイス」の全編あふれる、
映像表現としてのセンスはどこに行ったんだ?と問いたい。
 恐ろしいほど全然センスが感じられない。
 劇中のストーリーテリングも全然ないし、、、。
 ロベルト・ベニーニという才人?が米国映画人の
目にとまるようになったという作品かな、、、。
 正直、全然おすすめできない。

 ただ、ジム・ジャームッシュをコンプリしてるわけじゃないけど、
このあとの、「ナイト・オン・ザ・プラネット」はめっちゃ好きなんですけど。

評価
☆☆。

4
outofsight 

「アウト・オブ・サイト」
監督・スティーブン・ソダーバーグ
主演・ジョージ・クルーニージェニファー・ロペス

 新年の記事でも見たのは去年の映画だという。←セルフツッコミ。
 スティーブン・ソダーバーグも最近はオーシャンズ・シリーズ以来この映画の方面
に来ていますが、80年代後半にデビューした「セックスと嘘とビデオテープ」
の衝撃って本当にすごかった。
 レイト80'sの空気とまた違った凄い映画なので見てみる勝ちはあると思います。
 なんと言えば、わからないけど、低予算の邦画みたいな完全なセンスで
勝負の映画だったんだけど、すごかった。映像表現者として才能感じた。

 それが、この作品ぐらが契機でしょうか、気がついたら都会の犯罪映画を
撮るようになっておりデビューから知っているだけにその変貌ぶりに驚いて
おります。
 
 本作、原作が犯罪小説の大家かな?エルモア・レナードとなっております。
この人がピークの頃と私がめっちゃアホみたいにエンタメ小説の本
ばっか読んでいた時期と完全に入れ替わりで、
ピークが終わった頃読書界に入った感じで、
ほとんど読めていません。
 作風とかは、しっているんだけど、どれくらい原作のイメージが
映画に反映されているかは、わかりません。
 だけど、この都会を切り取るソダーバーグのシャープな感じと
悪いやつしか出てこない犯罪小説の感じはあんまり合致してないと思う。
 だけど、それも考えようで世界観が広がったともいえるんではないでしょうか。
 それと、やっぱり銀行強盗とFBIの捜査官の恋って設定そのものが無理だわ。
 見てても、何回も引っかかってしまいます。
 ただ、ドン・チードルはめちゃめちゃ怖いし、刑務所での
Epiなんか多分エルモア・レナードの世界観なんだろうけど、面白い。
 あと、冒頭のツカミの銃や暴力を一切使わない銀行強盗のシーンなんかサイコーです。

 ラストの強奪シーンですが、端役というか、メイドの役で
ナンシー・アレンが出てるのはびっくり!!。
 わざとの出演だと思うけど、ERとか確かめたもん。
 この辺から、たくさん有名人が出るオーシャンシリーズに続いているのかと、
思った限り。

 ちょっとG・クルーニーとJ・ロペスの恋愛シーンがきれいには撮れているんだけど、
退屈かな。
 それ以外は面白い映画。

関係記事。
マネーモンスター

トゥモローランド

スーパー・チューズデー 正義を売った日

MIP フォールアウト 

MIP ゴースト・プロトコル 

評価
☆☆☆☆。

5

 昔は、ランキング圏外の作品も
あったのにいきなり15位からです。
えーんえーん(泣)

ve 

第15位
ヴェノム

 目のデザインでわかるんだけど、スパイダーマンの敵役の
ヴェノムを良い方にもってきたヴィランもの、こんな感じかな
って感じでもう一つ。
 スタン・リーさんのご冥福をお祈りします。



otb

第14位
オンリー・ザ・ブレイブ
 
 史実ものということで、あまり脚本をいじれないジレンマが
そのまんま映画の面白さとかサスペンス性の欠如に出てます。




eq
第13位
イコライザー 2

 決め台詞と殺陣は本当にかっこいいんだけど、
Dワシントンのいい人キャラ立ての部分が面倒くさくて
おもしろくない。





HS 
第12位
ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー 

 今年、私的に一番期待を裏切った作品。
一言、全部駄目。
 息子にも手伝わせているんだけど
ローレンス・カスダンの時代は終わったわ。
ちょっと前やっていた「ワイアット・アープ」見ても思った。
「白いドレスの女」見てください。キレキレですから。
 なにが駄目って、横にチューバッカがいても、
ハン・ソロに見えないのが致命的。




doi 
第11位
「犬ヶ島」

 グランド・ブダペスト・ホテルを突き詰めるとこうなるのは
わかるんだけど、グランド・ブダペスト・ホテルにあった
ドライブ感というか、ストーリーテリングが全然ない。





pen
第10位
ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書

 これも、ミステリやサスペンスでそういった
緊張感、テンションが出るのか私自身もわからないんだけど、
 緊張感とサスペンス性が著しく低い。
 それにスピルバーグが撮ったがちゃがちゃ感もゼロだし。





pacific
第9位
パシフィック・リム アップライジング 

 これもね、ケチのつけようがなく良く出来てるし
よくレンダリングしてあるしなんだけど、前作のなんともいえない
なんじゃこりゃ的な、日本人のオタクより、
日本特撮愛が溢れた前作のデル・トロの
狂気みたいなのがない。
 続編によくある典型的な二番煎じ。





three
第8位
スリー・ビルボード

 一言、重い。普通の街でも普通の人でも
一枚めくれば、こうなってるとブラックに見るべき映画。
低予算でもこういう映画作っている限り、
ハリウッドは表現者として健全。
 この嫌ぁーな感じの嫌悪感しか無いラストを見て
明日同じ様にあなたの住んでる平穏な街が見えるか尋ねたい。






shape
第7位
シャイプ・オブ・ウォーター 

 この半魚人と主人公がHをしたって言ってるところあたりに
デル・トロの狂気が見え隠れする。
 でもそれって表現者としての決意表明なのよね。
 美女でもないかもしれないけど、美女と野獣の
愛の物語の完成形。
 だけど、だめな人はだめだと思うんだなぁ。
 私も、この辺に順位に置いているように
面白いのかと言われると答えにくい。




read 
第6位
レディ・プレイヤー 1
 
 これたくさん登場するガジェットは完全なフラッシュというか
フェイクでVRか、ARやネットも予想の範囲でしかないけど、
スピルバーグの子供っぽいがちゃがちゃ感がうまくフィットしていて
結構面白かった。
 謎がその世界の謎に直結しているってファンタジーやSFの
王道だけど、もうちょっと評価されてもいいんじゃないかと思う。





qwiet 
第5位
クワイエット・プレイス

 音してるじゃん、とか、ベタだなとか、
思ったけど、今から思うとそんなに悪い映画じゃないと思う。
 だけど、もう一つ二つアイデアを足しても良かった気もするし、
逆に残酷なホラーに降っても良かった気がする。





st
第4位
スターリンの葬送協奏曲

 個人的にはめっちゃツボ。これね、フルで
Fuck、Fuck言う映画にしたことが成功の一つだと思うし、
どう面白いうかってユーモア感覚と一緒で説明しにくい。
 偉い人がやってるバカなことってこともあるでしょう。
 とかく、ハリウッドは偏差のど真ん中狙うベタな
コメディを作る中、永遠に続くくすぐりの連続で
全部拾わないところがいい。
 カルト映画だと思うけど、見るの絶対おすすめします。





sw8
第3位
スター・ウォーズ 最後のジェダイ

 これ去年に入れるのが普通かもしれないけど、みたの今年なので
はっきり言ってディズニーと資本関係をむすんでからの
Epi7,8はどんどんかつてのルーカスが手綱を握っていたEpi1-6
のSWの概念とティストから
 どんどん離れつつあります。
 オタク感がどんどん薄れてるもん。
 それに主要キャラを一昨づつ抹殺していくのも嫌い。

 ただ、映画としてはめちゃめちゃアイデアを組みこんでいて
よく出来た映画だと思う。

 SWからは離れていってるけど、映画としては面白いということです。







WR

第2位
ウィンド・リバー

 これも、個人的にツボ映画。って書くと面白がってるの
あんただけだろ、って思うかもしれないけど、すごいから、兎に角見ろ!。
 これも、映画としてかなりの低予算だろうし説明がめちゃめちゃ難しい。
アメリカの非アメリカ的な辺境を扱っているとかそんなんじゃなくて
人としての重い部分を取り扱っていると思う。
 あの殆ど当たらない近距離での拳銃の撃ち合いを見ろ、
 あれこそ非ハリウッド、反ハリウッドの典型、大手資本への挑戦状だ。






MIPF
第1位
 ミッション・インポッシブル フォールアウト

 としといて一位にこんなベタな映画をもってくるあたり
どうなんだ?
 だけど、ラストの爆弾の回路とか置いといて、総合的には
走る、ファイティング・コリオグラフ、ガンアクション、
カーアクション、スカイダイブと
全地球的人間の偏差のど真ん中のみんなが見たい
 そしてハリウッドが得意とするお金儲けの技術の
最先端が凝縮されて実現されてる。
 これだけ見て、見終わってチケット代払って充分だろう、と。

 関連記事。
2018 邦画ランキング

2017 洋画ランキング

2017 邦画ランキング

2016 洋画ランキング 

2016 邦画ランキング 

↑このページのトップヘ