sh 

「シン・ゴジラ」
総監督・庵野秀明
主演・長谷川博己

 一言、めちゃくちゃ面白かった。
 どう書けばいいのか、迷っています。どうとでも書けるし、
多分暴走すると思うし、、。間違ったことも書くと思うし、。

 ただただ、これ傑作です。
多分、今年見た映画の中で、洋画も含めて一番おもしろかった作品かも
しれない。
 
  思えば、庵野さんって本当可哀想な人かもしれないって最近思っていました。
まぁ、ガンダムの富野さんと同じように、「エヴァ、、」でアニメ史に名を残し
大なり小なり功を上げた人で、誰もが才覚を認める映像制作者でしょう。
ただ、富野さんもガンダムという呪縛のもとで一定の作品を作ることを
義務付けられた人なのですが、庵野さんも一体、今進行中の新劇場版で
何度めいや、何周目のエヴァ制作になるのでしょう?。
 私の感じだと、、。TV版も入れると、3周目。多分、自分の作品を3度もリメイクしている
人って世界的に鑑みても映画人でいないと思う。
 これって、相当キツいと思うんですよ。
しかも、TV版でラスト二話で放り投げたように、要は、あそこ、(カヲルくんが来たあたり)から
具体的なエンタメとしての映像的というか、万人が納得する世界観の中での構築された話って
庵野さん中にないんですよ。で、どうしても、製作が止まるか、ものすごく難解な展開になる。
エヴァの設定が話を面白くするために破綻していることは、アニメファンなら誰もが
気づいていることでしょう。TV版ではカヲル君が、二周目の映画版でもミサトさんや赤木博士
が科白で言っています。
 で、そのライターズ・ブロックにハマったまま創ったのが、このシン・ゴジラ。
日本のアニメ産業そのものが、実写で果たせない夢を画で表現することに代替して
昇華させている人が多いわけですが、この庵野さんもその一人。
その庵野さんがゴジラを作ると聞いて、めちゃくちゃ注目していたわけです。
 ↑このあたりで路線を変更しないと、いつ終わるかわからないこの記事。

 思ったとおり、すごかった。

 庵野さんって時期時期で、タッグを組む人が違うんですが、今回は、割りと古くから
続いている盟友樋口真嗣。この人もまぁ、すごい人なんですが、
もう一つストーリーテラーというか、映画全部統括して脚本の話をすすめる才能は、
残念ながら今ひとつだと思っています。
 特技監督から監督に変わってから特に残念だけどちょっと首を傾げる作品が多い。
そこを庵野さんがまさしく”補完”した形。ただ、樋口さんってものすごくいい人で
酷評しにくい人なんですよね。

 今日は、駄目だ、、。どんどん話が反れていく。

 ゴジラVS日本とか、虚構VS現実とか、本作は言われていますが
とにかく、怪獣映画だからどうとか、全部置いといて、めちゃくちゃハードにリアルに
ゴジラを、怪獣を現代の日本に私から見ると東京としか見えませんが置いてみたら
どうなるか、シュミレーションしてみたのが、本作です。  
 しかも、視点が完全に鳥瞰した、上から目線というか、政府、行政目線です。
大概、怪獣を眺めたり怪獣から逃げたりする一組の家族とか研究者みたいなPOV視点が
入るんわけですが、一切入らない。逃げ惑う群衆たち、死者数としてでしか表されない。
 これが、逆に成功している点かもしれません。正直なところ脚本の余裕がマジでなかったの
しれませんが。
 これも、実は、この映画でこだわっているリアルというところに合致するのですが、
本作は、Godzilla2014版以上に3.11の影響を受けています。というか、
 そのまんま首都直下地震が起り、東京湾ぐらいで原発事故が起きたらどうなるぐらいの描き方です。
もうみなさんもご存知だと思いますが、最近のテレビは、死体が一切映りません。
 重症で搬送する際もブルーシートで覆って当該者のプライバシーを保護するぐらい。
だから、この極端な本作の死の描かれなさも3.11後のリアルなのだと思います。
 死体は、決して映像にならないという、、。
 逆に、ワンカットだけ表現された足がにゅーとガレキのあいだから出ている
シーンの印象が強烈に残るぐらい。しかし、私が想像するにこれも元ネタがありまして、
 阪神大震災の時の有名な報道写真でほぼ似たような写真があります。
 で、総理大臣が平気で嘘をテレビでいうのも3.11後のリアル。それを誰も指摘せずに、
また言ってるよ、ぐらいでメディア、国民がスルーするのも、3.11後のリアルなのです。
 大杉漣さんの総理はかなり真摯にこの事態に取り組んでいると思いますが、、。

 又、エヴァに戻りますが、上映後の通路やエスカレーターで聞かれた観客の
言葉で一番多かったが「エヴァ」って言葉だから、、
みんなエヴァ、エヴァエヴァ、エヴァ言ってました。
 これも、ある程度しょうがないと思います。もともとエヴァってロボットてことになってますが
エヴァって人が乗った人造ウルトラマンだし、アクションパートはまんま怪獣映画です。
 元に戻っているわけです。もともとエヴァの企画段階では、あのアンビリーカブルケーブル
がそのまま原発につながっていて、それをズルズル引っ張りながら闘うみたいな
ことも書いてあったそうですから、、。
 で、通常兵器が一切歯がたたないのも使徒といっしょ。ただ米軍のバンカーバスターには、
ゴジラ血吹いていましたが、、。あれは、マジで刺さって爆発するので、痛そう。
 その後、ガンダム以前のオタクには、基礎教養な、イデオン級の全方位ビームを乱射。
これも、庵野さんのお気に入りでダイコン・フィルムでやってます。 
 ゴジラが口から吐く熱線は、庵野さんアニメ業界公式デビューのナウシカの巨神兵。
 ゴジラ息切れして逆にビームから普通の火炎に戻るところは、なんかかわいい。
 さすがにチョット疲れたゴジラ。

 いろいろ多角にやりたいのですが、チョット変化球で劇伴の音楽ですが、
鷲巣さんの名前がクレジットされていますが、伊福部さんの超有名劇伴がかかりまくりなのですが、
これも、庵野さんのハイパーお気入り、正式な曲のタイトルがわからず、また
昭和ゴジラの三作目ぐらいから自衛隊の出動パートでかかるようになった曲なのですが
庵野さんが大芸大に在学中につくった元気のいいタイヤでしたっけ、
 まるっこい車が色んな物を破壊しながら進んでいくというパラパラ漫画があるのですが、
(パラパラ漫画の域を完全に超えています)
これにつけた曲が、この自衛隊のテーマなのです。
 もう削除されているかもしれませんが、youtubeやニコ動にあるかもしれないので、
探してみてください。
 ちなみに、格闘家の佐竹さんも入場曲に使用していました。
 後、確認は取れてませんが、ドラムかティンパニーでどんどんいう曲は
鷲巣さんがちょっとアレンジしてるのかどうかもわかりませんが、
エヴァの作戦始動シーンでかかる劇伴そのまんまだったような、、。
 庵野さんは、自分にオリジナルはなくて、全部コピーされたものだって
いう人ですから、全然OKなんですね。よくわかんないけど、。

 次に、キャラですが、主演の長谷川博己さんの矢口はちょっと予想していなかった
キャラです。純粋なところはシンジ君。英明で行動的なところはミサトさんですかね。
 ただ、この長谷川博己さんって誠実感はすごいあって、ラスト前に自衛隊員に訓示するシーン
なんかは、マジで感動しました。
で、石原さとみは、アスカでしょう。庵野さんってデキる子は英語が喋れるっていう
暗示があるんですかね。
 余貴美子さん演じる防衛大臣は、一躍時の人の小池百合子防衛大臣でしょう。
キャストとキャラは、書き出すと止まらなくなるので、要注意ですね。
 竹野内豊のキャラも微妙ですね。多分、アメリカに守ってもらいダラダラ戦後を続ける
日本を象徴するかのような、論調が多いですが、実は、すごい切れ者がその論陣を
張っているところに、逆の意味が込められていて、
 アメリカに守ってもらうことこそ、一番安く済みまた国際的に信用してもらうことなんだと
庵野さんなりに表現しているのかもしれません。

 次に、肝心の映像ですが、これが、実は一番圧倒されたかもしれません。
怪獣映画が海で下半身オミットされていたり、夜のシーンばっかりというのは、
意図的に映像上の情報量を落として、簡単にいえば、粗を目立たなくするためです。
 これは、脚本の段階から、意図的にやってます。
ハリウッドの第一線の作品でもほぼそうです。「パシリム」も然り。
GODZILLA2014も然りです。逆に、昼間の砂漠で戦闘シーンのあった「トランスフォーマー、、」
なんか、マジでいい根性してます。
 それが、今作、ほぼ真っ昼間の特撮シーンが多い。庵野さんレベルだと、意図的に
やってるかもしれませんね。作画監督にどんな風に描いてとかまでいう人なので、
(普通は監督は、一枚一枚の画まで指示しません)
 しかも、CGの時代になって日本映画の特撮も一気に追いつくかと思われてましたが、
やっぱり予算10倍の差は永遠に縮まらないのか、
 日本映画は、どんなに頑張っても、映像的にしょぼくて、ハリウッド映画はやっぱりすごい。
なんとなく、あぁ、ここは、プロップでミニチュアだなとか、はい、CGに切り替わりましたとか、
わかっちゃうものですが、
 この「シン・ゴジラ」は全くわからない。始めてゴジラがCGで動かされているという話ですが、
幾つかは、プロップのはず。ちょっと米軍関係の兵器はツラいシーンもありますが、
 この辺は、庵野さんが無理言ってて樋口さんの腕の見せどころ、、。
また、流石に自衛隊さんもあんなに沢山戦車を(しかも、最新鋭の10式を)
貸してくれるわけはないわけで、あのへんは
マジですごい。
 


 今回は、変則的に、このあたりからネタバレになります。




( ´∀`)つ( ´∀`)つ( ´∀`)つ( ´∀`)つ( ´∀`)つ( ´∀`)つ( ´∀`)つ




 
 ラストのヤシオリ作戦のところなど、これどうやっての?と
ゴジラがビルを壊しながら、転倒するところなどCGだとパーティクルに分けて
三次元上で物理演算させてレンダリングするのも大変だろうし、
樋口さんお得意の日本伝統の石膏ミニチュアっぽい気もするし、、。
判別不可能。 感服いたしました。

 ネタバレも含めて、ラストの部分について書くと、
チョット残念なところもあったかな?。
 私の頭が悪いせいかもしれませんが、あの折り紙になって、
なにがどう解かれたのか、全然わからなかった。
ちなみに、あの写真だけ登場の博士は、庵野さんがこれまた、敬愛している
岡本喜八監督の写真です。もう亡くなられているのですが、
奥さんが使用を許諾したんですかね??。
 作戦名から、エヴァの前半部分のハイライト、ヤシマ作戦を彷彿させるのですが
そこで新劇場版では、ものすごい物量をCGで再現したので、
このころ、庵野さんは、物量がリアルだとか、リアルが物量だとか、言ってました。
 それが 見られるかと思っていましたが、それが、なかった、、。
地平線の果てまで続く工場の薬品プラントとか、そこからの桁外れの
移送計画とか、あと、ゴジラに巨大クレーンポンプで飲ませるのも
もっと数でせめて欲しかったなぁ、、というのが、正直なところ。
 後、あのクレーンポンプも原発事故処理そのまんまなので、
逆になあんだと、ちょっと小さくなってしまった感はありますね。

 ただ、在来線爆弾はちょっと笑っちゃったのとおおっと思ったのと
両方で興奮は、しました。

 エンドロールでびっくりしたのは、キャストの数でなくて、
いわゆる、庵野さんのアニメ時代の人脈がそのまんま
投影されていることです。前田真宏がゴジラのデザインに入っていることは知ってましたが、
なにせ、平成のガメラのデザインはこの人なので、、。まぁ、当然かなと聞いてましたが、
ホントは、青の6号みたいなアニメをもう一回作って欲しいんですが、、。
鶴巻和哉とか、摩砂雪とか、参加してるんですよ、、。
新劇場版もうっちゃってやってたみたいだから、大丈夫なんでしょうが。
 

 これだけ、語れれば、十分でしょう。

ちなみに、「シン・ゴジラ」、現在めちゃめちゃヒット中とのことで、
どうなるんですかね、、。

 大体映画のタイトル検索するとネタバレって出てくるんですが、
自分もネタバレブログ書いてて変なのですが、
 迷っているなら、絶対見るべき映画だと思います。

 ゴジラとか関係なく、3.11以降のリアルがここにはあります。

関係記事
GODZILLA 2014 

日本でいちばん長い日 ←岡本喜八監督作品です。